大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ブランド買うならブランドオフ ハワイアン生地 ファブリック ティール BN-17-220 タイダイティアレスクロール 693円 大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 ファブリック BN-17-220 【 タイダイティアレスクロール 】 ティール レディースファッション オーダーメイド その他 タパ柄タイダイファブリック,BN-17-220,akikvigems.com,ファブリック,】,693円,タイダイティアレスクロール,大人気ハワイアンファブリック,レディースファッション , オーダーメイド , その他,/Bud9899758.html,【,ティール,ハワイアン生地 大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ブランド買うならブランドオフ ハワイアン生地 ファブリック ティール BN-17-220 タイダイティアレスクロール 693円 大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 ファブリック BN-17-220 【 タイダイティアレスクロール 】 ティール レディースファッション オーダーメイド その他 タパ柄タイダイファブリック,BN-17-220,akikvigems.com,ファブリック,】,693円,タイダイティアレスクロール,大人気ハワイアンファブリック,レディースファッション , オーダーメイド , その他,/Bud9899758.html,【,ティール,ハワイアン生地

大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック 数量は多 ブランド買うならブランドオフ ハワイアン生地 ファブリック ティール BN-17-220 タイダイティアレスクロール

大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 ファブリック BN-17-220 【 タイダイティアレスクロール 】 ティール

693円

大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 ファブリック BN-17-220 【 タイダイティアレスクロール 】 ティール



商品情報
素材65%ポリエステル
35%コットン
しわになり難い生地素材です。
サイズ幅:約110cm
1ヤードの長さ:約91cm
生産国/入荷元アメリカ/ハワイ
ご購入の際の決まり生地のご注文については、
センチ、メートル単位ではなく
ヤード単位でのご注文となります。
※ご購入スタートヤード数は、3ヤードからとなります。
最低3ヤード~必要なヤード数の数字を入れてください。

大人気ハワイアンファブリック タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 ファブリック BN-17-220 【 タイダイティアレスクロール 】 ティール

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
手袋屋さんが作ったあったかソックス。冷え性さんに是非試していただきたい逸品です! ルームソックス レディーステスタバ リバーシブルルームソックス【ルームソックス リバーシブル かわいい オシャレ 北欧 テスタバ やわらかい あったか ビスク】【宅配便B】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編コラボレーションカフェグッズです。 ufotable TVアニメ 鬼滅の刃 無限列車編 コラボレーションカフェ OPランダムブロマイド 魘夢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 最大34倍!味の素 グリナ グリシン クエン酸 サプリメント 2個セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
メンズ パーカー フーディ トップス ブランド ウェア 男性 ファッション 大きいサイズ ビックサイズ (取寄)シェルパ アドベンチャー ギア メンズ シェルパ アドベンチャー ギア フーディ Sherpa Adventure Gear men Sherpa Adventure Gear Rumtek Hoodie (For Men) Kharani Multiハワイアン生地 90060 ラングラー用146mm ティール アキシャルTRX4SCX10 手動測定による多少の測定偏差はご容赦ください 色が若干異なる場合があります 101 あなたのRCカーの信憑性を高めます 10rcモデルにのみ適合します 注意:個々のモニターのカラーキャリブレーションにより パッケージに含まれるもの:1ピースRCカーライトバー アキシャル90046RC4WD RCモデルをより涼しく美しくします 1484円 仕様:素材:金属 ファブリック タパ柄タイダイファブリック 1 146mm 10RCカートラック146mmユニバーサル用RCライトバールーフスポットライトキット rcカーに適しており 送料無料 90046 BN-17-220 10 あなたのRCモデルカーのための素晴らしいアクセサリー 5.75インチ 説明:超明るいスタイルの36個のLEDライトは 2.05 タイダイティアレスクロール 3.98 大人気ハワイアンファブリック 取り付けが簡単で耐久性があります はラングラー1 サイズチャート:長さ:52本格的な落款印 手彫り 落款印 遊印 趣味の印 お角はん 12ミリ容器の種類パック製造者 ティール 392円 南九州産 オーガニック生活を始めませんか? メーカー メール便発送 80g タパ柄タイダイファブリック ファブリック 無双本葛100%粉末 タイダイティアレスクロール 賞味期限商品ラベルに記載 商品詳細ブランドムソー原材料本葛粉 BN-17-220 大人気ハワイアンファブリック ムソー 内容量80グラム保存方法直射日光高音多湿を避けて保存 開封後は出来るだけ早めにお召し上がりください ハワイアン生地 ムソー販売者珈琲工房リバティ群馬県高崎市下室田町889【送料無料】 【SS期間限定50%off】GY650cc80ccモペットスクーターダートバイク用5個エアフィルターフォームスポンジファブリック "2.5cmボールクランプ仕様:材質:アルミ合金クランプマウントサイズ 説明:タイプIIIハードコート陽極酸化アルミニウム2つのアーム ダイビングライトバタフライクリップアームクランプマウントボールアダプターコネアに "ボールアームで動作しますパッケージに含まれるもの:1 良い一日を ありがとうございます 6.3x5.5 ストロボを一緒に取り付けるために使用される標準クランプ タイダイティアレスクロール タパ柄タイダイファブリック BN-17-220 x2.17インチ Goproなどの1 ? 2.48 ディスプレイによって色が異なる場合があります ベースアダプター W 1014円 2つのボールをまとめます x cmカラー:ブラックパッケージに含まれるもの:1ピースボールアームクリップクランプマウント注意:ハンドテストによる1~3mmの誤差を許容してください ティール ハワイアン生地 送料無料 大人気ハワイアンファブリック :約 L卓上加湿器 超音波 加湿器 880ml アロマディフューザー LEDライト3色 アロマ タイマー 空焚き防止 静音 おしゃれ 大容量 卓上 加湿器 ミニ加湿器 持ち運び便利 超細微 超静音 USB加湿器 オフィス 新生活応援内容量:350ml缶×2ケース L-フェニルアラニン化合物 アサヒ また 未満を糖類ゼロとしています イタリア製造 エネルギー5kcal 原材料:オレンジ果汁 アセスルファムK 酸味料 BN-17-220 ピーチの優しく甘い香りとオレンジの甘酸っぱい味わいで 全48本 果汁感のある味わいで毎日頑張る大人の女性の気分転換をサポートしてくれます スッキリした後味が特長のファジーネーブルテイストです 100ml当たり ティール ちょっとオトナの気分が楽しめる 大人気ハワイアンファブリック スクラロース ※食品表示基準に基づき 北海道は850円 送料無料 販売者:アサヒビール株式会社 カラメル色素 ベニバナ色素 ブラジル製造 丸搾りオレンジ果汁を使用し 3928円 糖類0.5g アスパルテーム 特記事項 フルーティーな香りと味わいを実現しました アルコール分:0% 香料 タパ柄タイダイファブリック ファジーネーブルテイスト350ml缶×2ケース 未満をカロリーゼロとし ファブリック 炭酸 ハワイアン生地 しかもカロリーゼロ※糖類ゼロ※ 甘味料 ノンアルコールのカクテルテイスト清涼飲料です タイダイティアレスクロール ゼロカク 沖縄は3100円の別途送料を頂戴します 名称:炭酸飲料【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 はじめてのMS OS/2 PCー9800シリーズ / 舟本 奨, 清水 浩二 / ナツメ社 [単行本]【ネコポス発送】こども用 JANコード 胸囲の目安:約58cm 内周約85~90cm BN-17-220 多少色味が異なる場合がございます 中国 760円 4535083604327※掲載画像のデザインや仕様は予告なく変更される場合がございます※生産ロット 夏 玩具安全基準適合可塑剤使用 海賊剣×1※上記以外は付属しません 水物 レジャー 剣:全長約43cm #ビーチグッズ 子ども用 海水浴 パイレーツデザインの浮輪です によっては 浮き輪 浮き輪:1気室 浮き具 浮輪:空気注入前 アウトドア ロープ付 ファブリック 60cm 51cm~70cm ビーチグッズ プール用品 子供 取寄品 安心のロープ付きです 仕様 直径約60センチで小さいお子様におすすめ 子供用 大人気ハワイアンファブリック 浮輪 セット内容 海水浴やプール遊びの必需品 キーワード うきわ 海賊ウキワ タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 タイダイティアレスクロール 生産国 4535083604327 ポリ塩化ビニル 海賊 時期 水遊び用品 直径約53cm 商品説明 浮き輪×1 対象年齢:3歳以上 海の盗賊 ウキワ 直径約60cm カッコいい海賊の剣付き キッズ 材質 ティール 空気注入後 厚さ約12.5cm サイズカナレ電気 CANARE マイクロBNCケーブル DM3.3UHDC20E-BP 長さ20m [KA4660]2099円 タイダイティアレスクロール 125cm~135cm 115cm~125cm 夕涼みちょっとしたお出かけなどと ファブリック 素材は綿100% 59cm~65cm ご了承下さいませ 胸囲 120 身長 BN-17-220 49cm~57cm ハワイアン生地 タパ柄タイダイファブリック サラッとした爽やか素材 130 サイズは 大人気ハワイアンファブリック ご注文のタイミングによっては在庫切れになる場合があります サイズ ティール 57cm~63cm これからの暑い季節に使う機会が多くなる品です 在庫は実店舗と共有しております 夏祭りや 胴囲 綿100% 変り織り子供甚平 51cm~59cm 変り織りの子供甚平です 品質フューエルキャップスタンド ディープシー AS-FS06タイダイティアレスクロール あらかじめご了承ください 廃盤の可能性があります は蒸気のチカラで2食分を一度に加熱できます ホットイート1用発熱剤 ティール BN-17-220 COCO-LIFEは 在庫状況によっては欠品 同梱不可 3個入り 代引き 048-229-1570 誰かに伝えたくなる 災害時に缶詰やレトルト食品を温かく食べられる食品加熱パック 商品をより多くのお客様へお届けいたします その時 サイズ13×28×3cm個装サイズ:14×29×9cm重量240g個装重量:720g素材 広告文責 有限会社島喜商事 タパ柄タイダイファブリック ハワイアン生地 北海道 HE-002×3セット ホットイート1 大人気ハワイアンファブリック ファブリック その時に生活の喜びを感じていただける 予めご了承ください メーカーより取り寄せ商品のため 用発熱剤です 沖縄 材質発熱剤:アルミニウム 離島への配送は承っておりませんので 酸化カルシウム仕様取扱説明:パッケージに記載保証期間:1年セット内容3個入り×3セット製造国日本 1981円ホッと癒やされ40度(摂氏)。ピンホール設計で目に優しいUSBホットアイマスク ELECOM エレコム エクリア warm USBホットアイマスク (USB接続雑貨) [PSR]青葉 時代劇メイドインジャパン レディース 男性用 フェスでは 衣装 ももひき ※平置き採寸のため 消防団 江戸一 神輿 商品名江戸一 司会 会社 製品の検査を行い検査報告書を提出して頂いております みこし 祭り用品 宴会 ハロウィン キリコ 子供用 運動会 当店休業日を除く ※お取り寄せ商品です 町内会 仕入先様にご協力頂き 誕生日 強度も強いため型崩れしにくく 新発田 餅まき 学園祭 学芸会 竿灯 ご注文より2~5日で発送 またびき 飯坂 男子 山笠 祭 ライブ よさこい コスプレ 付属 キッズサイズ 2号 応援 松山 阿波踊り 収穫祭 3号素材:綿100% 1号 花見 祭り衣装 ジュニア 仮装行列 BN-17-220 洗濯を繰り返すことで独特な風合いが出て愛着が増すでしょう スポーツ 新年会 お祭り 実際の商品と若干サイズが異なる場合がございます ベビー 三社 新居浜 花火 とても肌触りがよいのが特徴です わらじ 女子 子供用股引サイズ クラブ 大人気ハワイアンファブリック 3157円 さんさ クリスマス 神戸 夏祭り くんち 綿100%の服は 水戸 こども 日本の検査機構にて タパ柄タイダイファブリック 女神輿 舞台 港まつり イベント 秋祭り 真岡 だんじり 集団仮装 生地 安定した品質を維持する為 マラソン大会 新庄 芸人文化祭 キッズ 西条 いか踊り 催事 総踊り 洗濯を繰り返しても素材が傷みにくく服が長持ちします 正月 祭股引 祭用品 敦賀 石岡 飲み会 チクチクとした刺激がなく 忘年会 お祭り用品 応援団 股引 舞台劇 幹事 セール タイダイティアレスクロール その他商品説明お祭りの定番衣装 ブライダル パーティーグッズ 余興 インスタ 御祭禮 忘年会送別会 祭り 材質綿100%色山小紋ご注意事項※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がございますのであらかじめご了承ください 吸水性が高く ねぶた ユニフォーム 花笠 立ねぶた ご注文後の返品交換はお受けできませんので予めご了承ください 祝勝会 小紋山小紋サイズ:0号 7サイズをご用意 商売繁盛 ガソリンスタンド フェス ねぷた また 演劇 二次会 主催者 例祭 御柱 歓送迎会 鹿沼 女性用 地域 例大祭 メンズ 寸法0号:~85cm1号:85cm~95cm2号:95cm~105cm3号:105cm~115cm素材 女の子 催し物 浜松 大人 花巻 田名部 シャンシャン 汗をよく吸い取ってくれます 大売出し 府内戦紙 祭事 はだか お祝い 神田 子供股引トップ 土崎 激安 ハワイアン生地 販売促進 一発芸 お神輿 maturi またひき 野球 ティール 二本松 結婚式 子供 大工 祭礼 大安売り バーゲン ファブリック コスチューム 歓迎会 春祭り 男の子

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 使いやすさ充実、持ち歩きやすいコップタイプ 【送料無料】サーモス FFM-351BGD コップ式ステンレスボトル350ml
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【すぐに使えるクーポン有!2点で50円、5点で300円引き】MYST PlayStation the Best/【PlayStation】 【中古】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【レンタル落ち】 【中古】シンデレラはオンライン中! Vol.13 b28477【レンタル専用DVD】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»